Japan Jurist League (JJL) for Cambodia

History

私たちの会、日本カンボジア法律家の会(略称「JJリーグ」 英語表記;Japan Jurist Legue with Cambodia)は、1993年10月5日に設立されました。2021年12月末現在の会員は18名の小さな任意団体です。

 当会は、カンボジアの内戦*後の復興に、法的側面から協力し、日本とカンボジアの人々との交流に寄与することを目的として設立されました。

当会の会員の多くは日本の弁護士、法学者ですが、会員資格を法律家に限ってはいません。

私たちのこれまでの活動内容おおむね以下の通りです。

  1. 設立当初は、現地調査を繰り返し、その分析結果をもとに日本政府に対しカンボジアへ法整備支援をするよう要請*し、同時にカンボジアの法律実務家の育成支援のために教育機関などへの協力をしてきました。
  2. 具体的には、王立法経大学Royal  University  of  Law  and  Economics(RULE)や国立経営大学National  University  of  Management((NUM)など現地大学の法学部、弁護士会、弁護士NGO、裁判所等に対し、クメール語に翻訳した法律科目教材を提供してきました。
  3. また、当会の会員や協力非会員が講師として現地大学法学部で法律科目の講義をする、などの法学教育支援の事業を行ってきました。

 ポルポト時代、医者・学者・裁判官など多くの知識人が殺害され、人材を育成すべき人材があらゆる分野で不足*し、このことがカンボジアの復興を妨げている、と現地を訪問する度に実感しました。大学の基礎教育が人材育成の基となると考えたからです。

 当会の活動はボランティアであり、ボランティア活動参加にかかる宿泊代・交通費も会員の自己負担、いわゆる「手弁当」で行なってきました。1999年に大口の寄付が1あり、この寄付金をクメール語教材プロジェクトの翻訳謝金・出版費用に当ててきました。また、これまで国際交流基金の助成金を2回、公益財団法人かめのり財団からの助成金を1回受けています。これらの助成金は、現地で行われる個別事業の実施に使われてきました。

次に28年間に行ってきた事業を種別ごとに、ピックアップすれば以下の通りです。

●設立

 1993年10月5日 日本カンボジアの会Japan Jurist league with Cambodia(JJL)設立

●研修研究者の招聘

 カンボジアの法律実務家を研修生として招聘(UNHCRとの共同事業)3回。公益財団法人かめのり財団の協力で名大大学院への留学生招聘2回。

●法律書寄贈 クメール語教材の提供

1993~5年 「王立法経大学」(RULE 当時プノンペン大学法経学部)へ英語‣仏語法律書を多数回寄贈。

1999年 京都大学名誉教授中山研一(後に当会員)『刑法入門』をクメール語化、大学・裁判所・弁護士会、現地NGO等に寄贈

2000年 同書再版、寄贈

慶応義塾大学教授池田真朗著『民法への招待 第3版』をクメール語化、 第1分冊RULE等へ寄贈 池田教授による記念公演

2004年 『民法への招待 第3版』をクメール語化 第2分冊 寄贈

2008年 同書第3版クメール語完訳合冊本として出版・寄贈

2009年 同書第3版クメール語版合冊本をネット上(masaoikeda.com)  に公開 記念公演

2018年 塩澤一洋成蹊大学教授当会員『民法で考える』第1分冊クメール語化翻訳出版寄贈。

●特別講義

1995年~2014年 95年“法廷劇の上演”をを皮切りに、毎年RULE等で法律科目の特別講義。

2002年 在カ日本大使館において、「パリ和平協定から10年特別企画」(国際交流基金)特別講演中山教授「明治初期の日本における西欧法の継受」。その他の諸学者らの特別講義。

2014年~2019年まで国立経営大学(NUM)で毎年「特別集中講座」として法律科目の特別集中講義。

同様にRULE内の名大日本法センター(CJL)でも特別講義を継続。

2020年  RULE・NUM合同特別講義を予定してしていたが、新型コロナ禍で中止

2021年  NUM・RULE合同で、「民法」を”オンライン”による特別集中講義

●学会支援

2009~2018年 カンボジア比較法学会の設立を支援し、同年「カンボジア比較法学会第1回国際会議」を後援、以降10回まで後援。

●大学との継続的協力関係(文書交換)

・1994年~2013年、RULE(当時のプノンペン大学法経学部)と第1次協定書交換。以降更新してきた。

2014年 NUMと法学教育協力に関してのメモランダム交換

 2018年 RULEとは内容を改めメモランダムを交換。

2018年 JJリーグ創立25周年記念事業 NUM講堂にて(記念式典等の事業実施 国際交流基金助成金) 

●現地弁護士団体との協力関係

 2018年 Contribution of Law で講義